No skin off one's nose

《略式》(何かいやなことをする時に)自分の知ったことではない,自分とは関係ない.
この表現は、1920年代から使われ始めたようです。元々は、 no skin off your back だったようです。

(eg)
Jill: "Looks like Tom doesn't care if we fail on our next presentation at the meeting! "
(トムは、私たちが、次回の会議でのプレゼン失敗しても、構わないみたいよ。)

Mat: "That's Tom alright. It's no skin off his nose."
(トムらしいね。彼とは関係ないからね。)